マーケティングオートメーションについて

マーケティングオートメーションの概要

マーケティングオートメーションは、基本的に各種のマーケティング業務を人手に頼ることなく、自動的に実現するシステムのことです。通常マーケティング業務はたくさんの仕事が存在しており、多くのコストと人材…

マーケティングオートメーションのメリット

マーケティングオートメーションは適切なタイミングで販促を行うため、相手にとって最も必要だと感じる場面で商品を紹介できます。興味がない段階で無理やりアピールしても相手には届きませんし、最悪の場合、悪…

マーケティングオートメーションのデメリット

マーケティングオートメーションは、マーケティング活動を効率的かつ効果的なものにする為に欠かす事が出来ないツールとして注目を集めています。例えば、これまでマーケターが人力で行なっていた顧客の分析や顧…

マーケティングオートメーションを導入しよう!

マーケティングオートメーションの様々な機能

マーケティングオートメーション(MA)とは、ツールを使用してコストの削減をしたり会社の売り上げをアップさせることができます。今までは人の手でやっていた複雑な業務や膨大な作業が必要な業務を自動化する…

マーケティングオートメーションの費用

マーケティングオートメーションは、営業活動を円滑に進めるうえで不可欠なシステムとして知られ、全国の大手企業を中心に導入が進んでいます。こうしたシステムを導入する際に掛かる費用は、使用できる機能の種…

費用?ブランド力?マーケティングオートメーションの選び方

マーケティングオートメーション選びは費用やブランド力だけで選ぶと後悔する事もあります。実際の運用面を考えて、UIの使いやすさやステップメールの仕様、分析ツールの使い勝手など複合的に見ていくのが大切です。

より良いマーケティングオートメーションの選び方

顧客の属性やステータスが設定できる

マーケティングオートメーション(MA)には、様々なツールが用意されています。豊富なツールのなかで、自社に適したものを導入することが大事です。MAツールの中でも代表的なものが顧客管理とメール配信、そしてアクセス解析の3つです。顧客管理はリード管理とも呼ばれ、社内で保有する見込み客を含む顧客データを一元管理するツールとなります。 顧客データをCVS形式で管理することで、該当情報などが統合できます。MAツールによって顧客の属性やステータスなども設定でき、それまでの行動履歴とのタグ付けも可能です。顧客の業種や役職、購買行動などを絞り込むことで、自社製品やサービスの購入を判断できます。顧客管理ツールを有効活用すれば、人的リソースに頼っていたマーケティングがシステマティックに行えます。

メール配信のアクセス解析が可能

MAツールのメール配信は、顧客管理のデータに基づいて自動でメールを配信する機能です。メール内容はテンプレートに沿って、簡単に作成できます。MAツールによってテキストメールやHTMメールなど、用途に応じて選択できるものもあります。配信先となる顧客の条件を設定すれば、読まれる確率を高めることが出来ます。 メール配信で肝心なのは、配信後のコンバージョンにつなげることです。そのためには配信成功率や開封率、Webページへの遷移等の情報管理が重要です。こうした情報管理を行うのが、MAツールのアクセス解析です。機能性が高いMAツールであれば、顧客や見込み客が何に興味があるのか分析することが可能となります。より良いマーケティングオートメーションには、そうしたMAツールが不可欠です。