マーケティングオートメーションのデメリット

効率的かつ効果的なツールではあるがデメリットもある

マーケティングオートメーションは、マーケティング活動を効率的かつ効果的なものにする為に欠かす事が出来ないツールとして注目を集めています。例えば、これまでマーケターが人力で行なっていた顧客の分析や顧客リストの作成などをツール上で行なってくれます。マーケターはマーケティングオートメーションによって、導き出された分析やリストを元に打ち手を考えて、施策を実行に移していくと言う作業に専念をする事が可能となるのです。マーケティング活動において、メリットが豊富なツールに見えるマーケティングオートメーションですが、導入にあたってはデメリットもあるので、予め注意をしましょう。デメリットを押さえないまま導入を行うと、結果的に使いこなせずに宝の持ち腐れになってしまいかねません。

最大のデメリットは運用の難しさ

マーケティングオートメーションのデメリットとして挙げられるのが運用の難しさです。マーケティングオートメーションでは、高度な分析や施策の実行を行う事が出来ますが、それを使いこなすにはツールを使いこなす知識と技術が必要となります。例えば、マーケティングオートメーションを活用して、特定の自社ページを閲覧したユーザーに対してメール配信を行うという施策を打つ場合、その定義づけなどは自身で行わなければなりません。単独の施策であれば、それほど難しくはありませんが、複数の施策を同時並行で進めていく場合、細かな定義づけが必要となるため、ツールを活用する事が出来る能力が求められるのです。その定義づけや構築がうまく行えないと、有効な施策が打てずに、まさに宝の持ち腐れ状態になってしまいます。